【結婚式】両親へのプレゼントを贈ろう【記念品】

こんにちは、さゆかなです。
いよいよ大詰めになってきました結婚準備…。
今回は披露宴のクライマックスでお互いの親に渡すプレゼントのお話です。
想像するだけでちょっとウルウルしてきちゃいますね…。

両親へのプレゼント

両親へのプレゼントは、披露宴の最後に新婦が両親への手紙を朗読した後にお渡しすることが多いです。
品物は一般的に目上の方に渡すには相応しくないもの(例:文房具やスリッパ等)を避ければ特に決まりはありません。
昔は花束が一般的でしたが、いまは花束にプラスもう一品をつける方が多いようです。

有名どころでいえば、生まれた時の体重を再現したウエイトドールやフォトフレームなどがあります。
名前を刻んだ生まれ年のワインなんかもおしゃれですよね。
色々あって悩んでしまう時は、プランナーさんに相談しましょう。
私たちは、最初に引き出物のカタログと一緒に送られてきた中にあったチラシから決めることにしました。

アルバムえほん ブライダルシリーズを利用してみた

引き出物のカタログと一緒に送られてきたチラシの中に両親へのプレゼントもありました。
ウエイトドールも魅力的でしたが、個人的には写真をしようしたいと考えていたところ、「ありがとうフラワーボード」という商品が目に留まりました。
こちらは、A4サイズの額縁にはいった作品で、生まれた日から結婚式までの日数を計算して載せてくれます。さらに2枚の写真と、手書きのメッセージも添えることができるとのこと。
旦那ちゃんと相談し、こちらにお願いすることになりました。

プランナーさんに伝えたところ、申込書などを手配してくださるそうなのでお願いすると数日後に佐川のEXPLESS BAGで届きました!

素材を用意する

まずは、使用する素材である2枚の写真と手書きのメッセージを用意します。
写真は赤ちゃんの頃と、前撮りの写真を使用することにしました。

手書きのメッセージは決められた台紙があるので、別の紙に下書きをしてから書き始めました。
緊張しますね…。

申込書を記入し送付する

手元に届いた申込書を記入します。
こちらの商品は直接結婚式の会場に届けてもらうことも可能とのことでしたが、プランナーさんの合意が必要であることが条件です。
私たちは完成品を見たかったので自宅に届くようにしました。

GWをはさむため締め切りが近くて本当に大変でした…ギリギリで間に合ってよかった…。
素材が制作会社に届いてから2週間ほど時間が必要なので、時間に余裕をもって申し込みましょう。

商品が家に届く

お願いしていた商品が我が家に届きました!
白い箱に入っており、包装などはされていません。中には申込書と素材の写真が返ってきていました。
肝心のプレゼントはというと…

おお!いい感じです!
すこし写真の色味が変わってしまっていますが、まぁ妥協範囲です。

両親への手紙を書こう

さて、新婦である私が準備する最大のプレゼントはやはり両親へのお手紙でしょう。
涙もろい私が泣いてしまうことは確実なので、まだ書けずにいますが、そろそろ書き始めなくてはいけません。
伝えたいことは、今までの感謝とこれからの決意。
それをうまく言葉にできるか、不安ですが大事な仕事なのでやり遂げようと思います。

総評

両親への感謝を込めたプレゼント…喜んでもらえると嬉しいです。
みなさんも自分の両親には何が一番喜ばれるか、色々考えてみてくださいね!
私はこれから両親への手紙を書きます。
27年分の感謝を込めて。

ご紹介したサービス

アルバムえほん企画室
住所:厚木市長谷1153-2 C101
TEL:046-207-3445
ありがとうフラワーボードA4(ローズ)

■スポンサーリンク■